東京オートサロン2018 in 幕張メッセ 2018-01-12, 13, 14

YouTube 出展者 メディア ENGLISH

日本初の本格コレクタブル・カーの公開オークション開催!

18/01/14

1月12日、東京オートサロン2018の特別公開日に「東京オートサロン・オークション with BH AUCTION」が開催された。日産ワークスとして1990年のル・マン24時間レースに参戦したグループCマシンの日産R90CKや、1969年のスカイラインGT-R(ハコスカ)やトヨタ2000GTなど、希少かつ歴史的な価値のあるレースカーやチューニングカー、旧車などが出品され、場内はもちろん電話参加の競売者(ビッダー)が激しく競り合うなど、一般のギャラリーもそのクルマの行方を思わず見入っていた。

NS100385 Image1


オークションに先立ち、「東京オートサロン・オークション with BH AUCTION」の発表会が行われた。昨年の東京オートサロンでこのオークション設立を発表した株式会社BHJ(Best Heritage Japan)の武井真司CEOは、今年の東京オートサロンで最初の公開オークションを行い、「日本におけるコレクタブルカーの流通を革命する」としていただけに、今年これだけ盛大に行われることに感慨深げだった。

また、数千万、数億円単位の落札もあるだけに、発表会ではSMBC信託銀行とのパートナーシップによりオークション取引における決済資金を安全・確実にやりとりできることが、同社の高橋アセットファイナンス営業部長も登壇して発表していた。

この他、主にヨーロッパを舞台に毎年展開される高級車による国際公道ラリー「ガムボール3000(The Gumball 3000)」が、今年は「Gumball 3000 20th Anniversary 2018 TOKYO FES」として英国のロンドンから日本の東京まで(イタリアから大阪までは海路)で行われる発表と、イタリアの少数生産高級スポーツカーのPAGANIの正規ディーラー販売店「PAGANI JAPAN」が東京/永田町にオープンすることも発表され、創始者であるオラチオ・パガーニ氏によるパガーニ ウアイラ ロードスターのお披露目も行われた。


名誉会長を務める歌手でカーマニアとして知られる堺正章さんの「ただ見るだけにするか? 手元に置いて愛でるか? それは貴方の情熱次第です」という開会宣言でいよいよスタート。

1968年のHonda S800や1969年のNissan Skyline GT-R(PGC10)のフルレストア車など魅力的なクルマがステージ前に次々と登場。

NS100385 Image2


NS100385 Image3


NS100385 Image4


NS100385 Image5



オークションの進行はラジオDJとしても美声を知られるクリス・ペプラーさんが担当。彼の読み上げる価格に、ビッダーたちがさらに落札価格を増やしていく。場内のビッダーたちに加え、ステージでは海外からの電話参加の代理人たちも競り合いに参加。見る間に価格は上がり、最後は1対1の攻防に2階席で見学している大勢のギャラリーも盛り上がりを見せていた。

NS100385 Image6



東京オートサロン・オークション with BH Auction 落札価格はこちらから