東京オートサロン2017 in 幕張メッセ 2017-01-13, 14, 15

YouTube 出展者 メディア ENGLISH

1/13 会場レポート Part 1

SUBARU/STIが今季のモータースポーツ体制を発表

17/01/13

SUBARU/STI(東ホール7)では2017年のモータースポーツ体制を発表しました。今シーズン「ニュルブルクリンク24時間」「SUPER GT」「グローバルラリークロス」の3つのカテゴリーに参戦とSTI(スバルテクニカインターナショナル株式会社)の平川良夫代表取締役社長が登壇して説明しました。

NS100222 Image1


参戦10年目の区切りの年となるニュルブルクリンク24時間では、新型WRX STIでクラス3連覇を目指し、その中心ドライバーには山内英輝選手が務めます。

NS100222 Image2



また、SUPER GTのGT300クラスではパワーアップしたエンジンや新型の駆動系、空力を盛り込んだBRZで参戦。辰己英治総監督の下に、ドライバーは昨年同様に井口卓人選手、山内英輝選手となりました。山内選手は「昨年は1勝しましたが、やはりチャンピオンにならなければ歴史に名を残せません。チャンピオンだけを目指していきます」と力強く決意を語りました。

NS100222 Image3



発表会の最後には、選手と監督だけでなく、各カテゴリーの開発責任者も壇上に勢揃いし、今季への並々ならぬ意志を表していました。

NS100222 Image4



ブースには2016年のGT300クラスを戦ったBRZやニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦予定車である「WRX STI」などが展示されています。

NS100222 Image5

ダンロップの「ル・マン」シリーズに15代目となる「Le Mans V」が誕生

17/01/13

NS100222 Image1


住友ゴム工業のダンロップ・ブランドが東京オートサロンにて新タイヤ「Le Mans V(ル・マン ファイブ)」を発表しました。快適性能と低燃費を両立したル・マンシリーズの15代目モデルとなる最新作です。

開発の狙いは、実感できる「快適性能」を実現することです。ロングライフや低燃費といった、ダンロップの考える『当たり前性能』に、乗り心地と静粛性を高次元でバランスさせた「快適性能」をプラスしているのが特徴です。

快適性能を生み出すテクノロジーは、従来のル・マンシリーズから採用されている特殊吸音スポンジ「SILENT CORE」と、新たに採用された「SHINOBI TECHNOLOGY」の二つです。

注目は新採用の「SHINOBI TECHNOLOGY」でしょう。その効果は大きく3つ挙げられます。

新プロファイルによりタイヤのサイドウォール全体で振動を吸収
タイヤ表面のトレッドパターンを細かくすることで衝撃を分散
接地形状を丸くすることで衝撃を緩和

新タイヤ「Le Mans V(ル・マン ファイブ)」の発売は2017年2月より、全61サイズが用意されています。いずれもオープン価格です。

NS100222 Image2



NS100222 Image3


NS100222 Image4

Hondaがオートサロンで新型CIVICを日本初公開!SUPER GT参戦チームも発表

17/01/13

Honda(中ホール5)では、今年夏に日本で発売となる新型「CIVIC(シビック)」シリーズの3モデルのプロトタイプモデルを日本で初めて公開しました。

NS100222 Image1



東京オートサロンの中でもかなり広いブースのHondaですが、発表会場は取材記者やカメラマン、新型シビックを一目見ようと非常に多くの人が集まって大いに盛り上がりました。アンベールでは国内営業を担当する日本本部長の寺谷公良執行役員自らシビックを紹介。「ハッチバック」、「セダン」、「TYPE R」の3台には多数のカメラが向けられていました。

NS100222 Image2



また、話題の新型NSXがいよいよ今年2月から国内の顧客にも届くことやHonda/無限ブースに展示される各車についての説明も行いました。

NS100222 Image3



そして、発表会の最後には人気レースのSUPER GTのGT500クラスに参戦する車両が昨年までの「NSX CONCEPT-GT」からベース車の新車発売に伴いコンセプトの文字が外され「NSX-GT」となったこと。そして参戦する5チームの監督とドライバー体制を紹介。すでに2チームは発表されていましたが、新たに3チームの陣容も公表されました。松浦孝亮選手がNAKAJIMA RACINGに移籍したのに伴い、ARTAにはGT300クラスでタイトルを争っていた小林崇志選手がGT500に復帰となりました。KEIHIN REAL RACING、チーム国光に関しては昨年同様のドライバー陣となりました。

NS100222 Image4

TWSブースで日本初の本格コレクタブルオークション『BH AUCTION』を紹介

17/01/13

鍛造ホイールのプレミアムブランドとして知られるTWS(中ホール5)では、日本初の本格コレクタブルオークションとしてスタートする『BH AUCTION』を紹介する発表会が行われました。

NS100222 Image1



欧州やアメリカでは高級外車やビンテージカー、クラシックレーシングカーなどコレクター垂涎のクルマは多くが専門のオークションで情報交換、売買されますが、日本にはまだそういった専門がありませんでした。
そこで、ビンゴスポーツの武井真司氏(BHオークションCEO)と自動車ライターの西川淳氏(BHオークションCOO)が、アメリカで出会った業界の有力者に示唆されて、国内の数々の障壁をクリアして、立ち上げたのが『BH AUCTION』だそうです。
今後は、日本発の世界市場向けコレクタブルカーオークションとして運営され、さらにはこのオークションの出展情報や購入者層向けのウェブマガジン『Gentleman Drivers(ジェントルマン・ドライバーズ)』を三栄書房と協力してメディア展開していきます。武井CEOは来年の東京オートサロンで日本のカスタマイズカーや旧車、スーパースポーツを核にしたオークションを開催予定と語っており、大変楽しみです。

NS100222 Image2


今回、TWS(株式会社TAN-EI-SYA)が『BH AUCTION』を支援するという縁もあり、TWSブースでの発表会となりました。
上写真:左から武井CEO、西川COO、横山昭一郎TWS代表取締役社長

LEXUS Gazoo Racingで新型RC F GT3が世界初公開!国内外のGTレースに参戦

17/01/13

TOYOTA GAZOO Racing/LEXUS GAZOO Racing(東ホール8)のLEXUSブースでは、国内外のGTレースで活躍するレーシングGTカーがずらりと並んでいます。この日の午前、世界初公開となったのが、スポーツクーペRC FのFIA GT3規格の車両「LEXUS RC F GT3」です。
大勢の国内外報道陣が見守る中、覆われたベールを引いたのは開発を務めたレーシングドライバーの飯田章選手と立川祐路選手。アンベールされるとその門出を祝うかのように、カメラのフラッシュが煌めいていました。

NS100222 Image1


NS100222 Image2



2017年、このRC F GT3は早速1月25-29日に行われる世界三大耐久レースであるデイトナ24時間レース(アメリカ)に2台がデビュー。さらにアメリカのIMSAシリーズに参戦。日本では、SUPER GTのGT300クラスにLMCorsa(エルエム・コルサ)から参戦。日米で4台がレースを戦うそうです。
この他、SUPER GTのGT500クラスで2016年のチャンピオンカーとなったNo.39 DENSO KOBELCO SARD RC Fや2017年のGT500車両のLEXUS LC500(テスト車両)も展示され、LEXUSブースはとてもレイシーな雰囲気が漂っていました。

NS100222 Image3


NS100222 Image4



また、TOYOTA GAZOO Racingブースでは、今季から参戦する世界ラリー選手権(WRC)の参戦車両ヤリスや歴代のWRCカーも並び、こちらも期待感が高まっていました。

NS100222 Image5


NS100222 Image6

マツダ、ロードスターにクラシックレッドの限定車発売!

17/01/13

NS100222 Image1


東京オートサロン2017、最初のプレスカンファレンスは、マツダからスタートしました。マツダの今回の出展テーマは、「Be a driver. 〜マツダの新しいチャレンジが始まる〜」というもの。会場には、先日モデルチェンジし予約受付をスタートしている「CX-5」と、年末に発売がスタートした「ロードスター RF」の2台の市販車と、CX-5、ロードスターRF、デミオ、CX-3の4台のカスタマイズモデル(参考出品車)、そしてマツダ グローバルMX-5カップ仕様車です。

プレスカンファレンスには、マツダの青山裕大執行役員が登場し、ブースの説明を行ないました。そして、今回出展しているもう一台の車両であるマツダ・ロードスター クラシックレッドを期間限定で発売することを発表しました。

NS100222 Image2


NS100222 Image3



最近のマツダ車の赤のボディカラーといえば、イメージカラーにもなっているソウルレッドのラインナップばかりですが、この特別なロードスターの赤はそのソウルレットは異なります。初代ロードスター登場時のイメージカラーで、初代・2代目までに設定され好評だった赤色を水性の3ウエットオン塗装で復刻再現したモノです。2月28日までの期間限定で販売されます。価格は、車両本体価格に3万2400円の上乗せとなります。

会場には、ロードスターの開発主査で、現在はロードスター・アンバサダーの山本修弘氏らも姿を見せていました。

NS100222 Image4

今年も好天の初日!いよいよ始まります

17/01/13

NS100222 Image1


東京オートサロン 2017の会場となる幕張メッセは、今年も穏やかな好天に恵まれました。まもなく公式日程がスタートします。今年も幕張メッセ・国際展示場の全ホールに加えて、国際会議場やイベントホール、屋外展示場、さらに今年はZOZOマリンスタジアムでもカスタムカー同乗試乗会を実施、昨年よりさらにパワーアップした東京オートサロンとなります。
初日1月13日(金)の一般特別公開は14時〜19時。当日売りの入場券は3,200円、1月14(土)〜15日(日)の前売り券は大人のみで1,800円、当日券は2,200円(大人)、1,700円(中・高生)。いずれも小学生以下は無料となっています。オートサロン公式Webサイト、各種コンビニ、プレイガイドにて好評販売中です。

午後14時の特別一般入場までまだかなり時間がありますが、中央ゲートには早くも入場待ちの列ができていました。
また、今日午前はメディア(マスコミ)招待時間となっていますが、入場開始の午前9時前から早くも多くの記者、カメラマンが受付に列を作り、開場とともに早足で目的のブースへ向かっていました。

公式ウェブサイトでは3日間にわたる東京オートサロンの模様を随時紹介していきます。お楽しみに!

NS100222 Image2


NS100222 Image3


NS100222 Image4